JP/  EN
2018© Japan Display Inc.

JDI Future Trip Project とは

より豊かな暮らしと人に寄り添うために。
インターフェースを通じた躍動する体験を。
わたしたちが今までに培った技術力をもって、
価値あるサービスやソリューションを提供し
モノづくりだけではないコトづくりを推進するプロジェクトです。

HISTORY

株式会社ジャパンディスプレイ(以下JDI)は、2012年に、ソニー株式会社、株式会社東芝、株式会社日立製作所の中小型液晶ディスプレイ事業を統合し、誕生しました。

ソニーの新しい機能を実現するシステム技術、東芝の高精細を牽引する半導体製造技術、日立の美しい映像を支える光学・材料技術。それぞれの強みを活かし、スマートフォンをはじめ車載用、医療用、VR / AR 用における中小型ディスプレイ分野において世界トップシェアをほこってまいりました。

さらに、強みである低温ポリシリコン(LTPS)技術による、高精細、低消費電力、狭額縁など製品をより魅力的にするディスプレイを提供しております。

ディスプレイメーカーに
とどまらないコトづくりを

2017年10月に常務執行役員 チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)として伊藤嘉明が就任し、事業成⻑に向けて、3つのマーケティング基本戦略として「第二の創業を担うスピード改革」、「顔の見える企業コミュニケーション」、「ものづくりだけではないコトづくり」を掲げています。そして JDI 発足以来初の社内公募を行い、マーケティング、イノベーションを推進する体制を 2018 年 4 月に発足しました。

5G×IoT×AIなどのテクノロジーの進歩により、ディスプレイの可能性が限りなく広がっています。我々は、モノづくりだけにとどまらない、見、聞き、触れ、香り、味わえるインターフェイスを提供し、世界シェア No.1の技術力を駆使した新たな体験づくりに取り組んでまいります。

株式会社ジャパンディスプレイ  
常務執行役員 CMO 伊藤嘉明

日本コカ・コーラ、デル、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)などのグローバル企業にて、経営陣としてブランド認知度の向上、業績回復、シェア拡大、売り上げ新記録樹立等、事業再生を手がける。2014 年には、ハイアールアジアグループ 代表取締役社⻑兼 CEO に就任し、15年連続赤字事業体だったハイアールアジアグループ(旧三洋電機)を就任初年度に黑字化。2017 年よりジャパンディスプレイに参画し、常務執行役員 CMO として経営に参画。

2018© Japan Display Inc.